腸内環境を一気にリセットするヨーグルト断食

ヨーグルトで断食をするという話が最近注目されています。様々な断食方法がありますが、ヨーグルトはとても身近な食べ物ですし、手軽に食べられるので始めやすい断食ですよね。そこで、今話題のヨーグルト断食についてお話をさせてもらいたいと思います。

ヨーグルトのメリット

プチ断食におススメされているヨーグルトですが、なぜ良いのか?と言うと、断食とはそもそも消化器官を休ませる為の行動です。すなわちヨーグルトは消化が早く、腸にも良い影響を与えると言うことで、プチ断食にもってこいだと考えられたのです。

断食で胃や腸を休ませるということなので、固形物が入ってくると消化吸収の為に休まらなくなりますが、ヨーグルトであれば液状になっているのでさほど影響はないのです。こういった事から、栄養もあり腸にも優しいヨーグルトは優れた断食のお供だと言えるのです。

また、ヨーグルトには腸内細菌のバランスを整える役割があります。善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすという働きです。これによって、断食で休まった消化器官の働きと善玉菌が増えた状態になるので、腸内環境がより一層好調になる事が分かります。

ヨーグルト断食のやり方

プチ断食としてお勧めなので、週に1回や月に1~2回などのペースで、丸1日もしくは2日程度の断食をします。

1日のうち3食全てをヨーグルトと水分にする方法と、3食のうち1~2食をヨーグルトにする方法があります。体調を見ながら、出来る範囲の方法を選ぶようにしましょう。糖分などは加えずにプレーンのままヨーグルトを食べます。一緒に豆乳を飲むことが推奨されています。

1日だけの場合

朝:ヨーグルト、豆乳
昼:ヨーグルト、豆乳
夕:ヨーグルト、おかゆ、味噌汁(具なし)

2日間の場合

1日目は全てヨーグルトと豆乳で済ませます。
2日目は1日だけのメニュー内容と同じです。

どちらの場合も、どうしてもお腹がすくと言うときには炭酸水を飲むとお腹が少し満たされます。どうしても無理だとストレスを感じるほどであれば、潔く中断するのも1つの手だという事も覚えておきましょう。

こちらの記事もオススメです

Copyright (C) 2015 断食の凄い効果と実践方法 All Rights Reserved.