断食で宿便排出!抜群の腸内環境改善効果

断食をする人の多くは大腸への効果が魅力的だから始めるという話を聞きます。確かに断食で得られる大腸への効果はとても良いものなので、是非体験してもらいたいと思います。それでは、断食における大腸への優れた効果をここでチェックしていきましょう!

大腸から宿便排出

大腸というのは食べ物のカス、老廃物や毒素などが体外へ排出される前に通る道となっています。死滅した細胞なども腸内にはたくさんゴミのようにこびりついているのが現状です。

しかし断食をして大腸の機能を一旦休ませてあげると、腸内にあるカスや老廃物が宿便という形で体外へ排出されるようになります。

一般的な排便とは異なり、様々な不要物が腸から出てくるものが宿便になりますので、その見た目はあぶらっぽかったり、ボロボロとしていたり、なんとなくいつもの便とは異なると感じるでしょう。この宿便を出す事が、断食で大きな目的となっています。

宿便が出るとどうなる?

腸内にいつまでも老廃物や死滅細胞が残っていると、いつかは腐ってしまいます。そのまま腐らせた状態で放置すると、大腸へ影響を及ぼしていき、大腸ガンや過敏性腸症候群などになる可能性が高くなってしまいます。また、腸内環境が劣悪だと悪玉菌が増殖していき便秘になってしまうので、痔になる可能性も高くなります。

しかし宿便をしっかりと排出させてあげれば、これらの病気のリスクがかなり軽減するのです。大腸ガンは恐ろしい病気ですし、便秘も慢性化するととても辛いですから、宿便を出して健康的でキレイな状態の大腸を手に入れるべきなのです。

断食後は腸内に気を遣おう

断食を終えても、また一定のサイクルで断食をしてあげることで、大腸をいつまでも健康な状態にキープする事ができます。1度だけでも宿便が出て、スッキリしたと感じることがありますが、定期的に行う事で大腸を気遣ってあげるようにすると良いでしょう。

そうすることで、腸内環境がいつでも良好な状態になり、病気にもなりにくい体質へと変化していきます!

こちらの記事もオススメです

Copyright (C) 2015 断食の凄い効果と実践方法 All Rights Reserved.